QUESTION

よくある質問

通う病院によって慰謝料額に差が出ることがあるのでしょうか?

交通事故 学校事故 労災事故 スポーツ事故 動物事故 介護事故 その他損害賠償請求など

通う病院によって慰謝料額に差が出ることがあるのでしょうか?

あります。

損害賠償請求をしていくにあたって、当該症状に応じた画像や検査が必要という場面があるのですが、これらの画像撮影や検査を実施できない病院ですと、医学的な証拠が揃わないことになり、結果的に慰謝料額などが減ることがあります。

では、どんな症状であったとしても、設備の整った大学病院や総合病院へ通えばいいのかというと、そういうわけでもありません。

慰謝料額の考慮要素にリハビリの頻度がありますが、大学病院や総合病院の場合、リハビリ頻度が少ないところが多いです。

そうすると、町医者でリハビリをしていた方との比較において、慰謝料額が少なくなってしまうことがあります。

また、症状によって、整形外科に受診した方がいいのか、それとも脳神経外科・耳鼻咽喉科・心療内科など他の診察科を受診した方がいいのか、併用した方が良いのかなども異なってきます。

大きな病院と小さな病院の組み合わせや、診療科の組み合わせによって、損害賠償請求の立証方針を立てていくことがありますから、病院選びは重要です。

気になる方は、弁護士に相談されることをおすすめします。

この記事の執筆者

小杉 晴洋
小杉 晴洋

被害者側の損害賠償請求分野に特化。
死亡事故(刑事裁判の被害者参加含む。)や後遺障害等級の獲得を得意とする。
交通事故・学校事故・労災などの損害賠償請求解決件数1000件超。

経歴
小杉法律事務所代表弁護士。
横浜市出身・福岡市在住。明治大学法学部卒。中央大学法科大学院法務博士修了。

所属
横浜弁護士会(当時。現「神奈川県弁護士会」)に登録後(損害賠償研究会所属)、福岡県弁護士会に登録換え(交通事故委員会所属)。

CONTACT

事件のご相談、採用・取材についてなど、
お問い合わせはこちらから。

お電話でのお問い合わせ

受付時間:平日土曜9:00-17:30

 

メールでのお問い合わせ

メールフォームへ
トップへ戻る
ホームページ制作 福岡