QUESTION

よくある質問

リハビリのために仕事を休んでしまうと給料や今後の昇給の点で不安があります。通院をなるべくセーブして仕事をするべきか、仕事は休んでしまってリハビリに専念するべきか悩んでいます。どうしたらいいでしょうか?

交通事故 労災事故 スポーツ事故

リハビリのために仕事を休んでしまうと給料や今後の昇給の点で不安があります。通院をなるべくセーブして仕事をするべきか、仕事は休んでしまってリハビリに専念するべきか悩んでいます。どうしたらいいでしょうか?

リハビリのためにお仕事を休んだ場合、休業損害の支払いがなされますので、その点は心配しなくても大丈夫です。

なお、有給休暇を取得してお給料をもらった場合であっても、使わなくてもよかった有給休暇を使用したということで、別途休業損害を支払ってもらえます。

昇給遅延については、治療のための欠勤との因果関係が認められれば、昇給遅延分の損害が認められるケースもありますが、立証が難しいこともあります。

原則はお体のことを第一に考えるべきだと思いますが、症状が重くない、医師も仕事をして大丈夫と言ってくれているといったような場合では、リハビリに専念するのではなく、ある程度仕事もされた方が良いというケースも存在します。

会社でのポジションなど、様々な考慮要素があると思いますので、判断を悩まれるようでしたら、弁護士に相談されることをお勧めします。

この記事の執筆者

小杉 晴洋
小杉 晴洋

被害者側の損害賠償請求分野に特化。
死亡事故(刑事裁判の被害者参加含む。)や後遺障害等級の獲得を得意とする。
交通事故・学校事故・労災・介護事故などの損害賠償請求解決件数1000件超。

経歴
小杉法律事務所代表弁護士。
横浜市出身・福岡市在住。明治大学法学部卒。中央大学法科大学院法務博士修了。

所属
横浜弁護士会(当時。現「神奈川県弁護士会」)に登録後(損害賠償研究会所属)、福岡県弁護士会に登録換え(交通事故委員会所属)。

CONTACT

事件のご相談、採用・取材についてなど、
お問い合わせはこちらから。

お電話でのお問い合わせ

受付時間:平日土曜9:00-17:30

 

メールでのお問い合わせ

メールフォームへ
トップへ戻る
ホームページ制作 福岡