代表弁護士 小杉晴洋(第一東京弁護士会)|弁護士法人小杉法律事務所

LAWYER

代表弁護士 小杉晴洋

損害賠償請求分野の超一流

Scroll

小杉法律事務所
代表弁護士

小杉 晴洋

MESSAGE

交通事故は、専門の弁護士に依頼しなければ、適切な示談解決や裁判解決をするのは困難です。
私の父はバイク乗りでしたが、私が学生の頃、突如Uターンをした自動車にはねられてしまい、
腕を複雑骨折するという交通事故被害に遭っています
現在も腕や手に後遺症が残っています。
しかし、加害者や加害者の保険会社から後遺症の損害賠償がなされることはありませんでした。
理由は、医師が後遺障害診断書を書いてくれなかったからです。
損害賠償の世界に限りませんが、弁護士・裁判の世界というのは、証拠によって事実が決められます。
証拠がなければ、真実と異なる事実が認定されるのです。

当時は、くだらない世界だなと思いました。
しかし、真実は神のみぞ知るのであって、人が常に真実を明らかにできるとは限りません。
証拠によって事実を決めるというのは、人類の知恵です。
証拠収集作業や、証拠の意味付けを丁寧に行っていけば、真実に近づいていくことはできます。

弁護士というのは、あらゆる業界の紛争や交渉を扱うことができます。
しかし、すべての分野における証拠収集や証拠の意味付けを完璧にこなすことは困難で、少なくとも私には無理です。
私は、交通事故をはじめとした損害賠償請求分野の被害者側に専門特化することにしました。
これによって父のように泣き寝入りを強いられる人々の数を減らしていくことが、
自分の弁護士としての使命であると思っています。

CAREER

代表弁護士経歴

万年筆 万年筆
1984年 神奈川県横浜市生まれ
2007年 明治大学法学部法律学科卒業
2010年 中央大学大学院法務研究科法務博士修了
2010年 司法試験合格
2011年 横浜弁護士会(当時。現「神奈川県弁護士会」)登録
弁護士法人サリュ横浜法律事務所入所
損害賠償研究会所属
2013年 福岡県弁護士会登録
弁護士法人サリュ福岡事務所開設(所長弁護士)
交通事故被害者サポート委員会所属
2015年~ 公益財団法人日本弁護士連合会 交通事故相談センター相談員
2020年 小杉法律事務所開設
2021年 九州高次脳機能障害弁護団発足
2023年 弁護士法人小杉法律事務所設立
第一東京弁護士会登録
日本弁護士連合会弁護士業務改革委員会所属

より詳しい経歴はこちら

ACHIEVEMENT

これまでの実績・活動内容(主に交通事故系)

砂時計 砂時計

実績・活動内容の詳細はこちら

CONTACT

事故のご相談、採用・取材についてなど、
お問い合わせはこちらから。

お電話でのお問い合わせ

受付時間:平日土曜9:00-17:30

 

メールでのお問い合わせ

メールフォームへ
トップへ戻る