QUESTION

よくある質問

捻挫・打撲と診断されたのですが、痛みが全然取れません。レントゲンでは骨折はなかったのですが、このようなケースでも後遺障害等級の認定はなされるのでしょうか?

交通事故 学校事故 労災事故 スポーツ事故 動物事故

捻挫・打撲と診断されたのですが、痛みが全然取れません。レントゲンでは骨折はなかったのですが、このようなケースでも後遺障害等級の認定はなされるのでしょうか?

捻挫・打撲のケースでも、後遺障害等級の認定がなされることがあります。

当事務所の弁護士の解決事例では、捻挫の事案で後遺障害等級12級13号、打撲の事例で後遺障害等級14級9号の獲得事例があります。

ただし、捻挫や打撲では、後遺障害等級の認定が難しいのも事実です。

レントゲンしか撮影しておらず、捻挫診断がなされていたケースで、当事務所の弁護士の勧めによってMRI画像の撮影をしたところ、靭帯損傷が発見されたというケースも複数あります。

捻挫・打撲の診断を受けていても、MRI画像を撮影することで、靭帯損傷が発見されるケースもありますから、注意が必要です。

CONTACT

事件のご相談、採用・取材についてなど、
お問い合わせはこちらから。

お電話でのお問い合わせ

受付時間:平日土曜9時-18時

 

メールでのお問い合わせ

メールフォームへ
トップへ戻る