QUESTION

よくある質問

骨折をしてしまい、手術をして脚にボルトが入っています。お医者さんは抜釘をしてもしなくても良いと言いますが、抜釘しないまま相手方と示談交渉することはできるのでしょうか?

交通事故 学校事故 労災事故 スポーツ事故 動物事故 介護事故

骨折をしてしまい、手術をして脚にボルトが入っています。お医者さんは抜釘をしてもしなくても良いと言いますが、抜釘しないまま相手方と示談交渉することはできるのでしょうか?

抜釘しないまま後遺障害等級の申請をすることや、相手方との示談交渉を進めることができます。

示談の際に、将来抜釘の手術をすることになった場合には、その費用を別途請求することを盛り込むよう請求することができ、当事務所でもそのような解決事例がありますが、必ず認められるというわけではありません。

抜釘手術をした上で解決した方が良いのか、抜釘手術をしないままに解決した方が良いのかは、医学的判断や法的判断が必要になりますので、抜釘手術でお悩みの方は、まずは法律相談されることをおすすめします。

CONTACT

事件のご相談、採用・取材についてなど、
お問い合わせはこちらから。

お電話でのお問い合わせ

受付時間:平日土曜9時-18時

 

メールでのお問い合わせ

メールフォームへ
トップへ戻る