弁護士に示談を依頼した際にかかる期間 慰謝料などの相談は福岡の小杉法律事務所へ

COLUMN

コラム

弁護士に示談を依頼した際にかかる期間 慰謝料などの相談は福岡の小杉法律事務所へ

福岡で交通事故に遭遇した場合、慰謝料などの示談交渉について、弁護士に相談する方も多いかと思います。弁護士に示談交渉を依頼した場合、いったい解決するまでにどのくらいの期間がかかるのでしょうか?ここでは、弁護士に示談を依頼した際にかかる期間と、示談交渉を急ぐ場合の問題点についてご紹介します。

交通事故の示談交渉にかかる期間

示談交渉にかかる期間

交通事故に遭遇した場合、相手の保険会社と慰謝料などの示談交渉をスムーズに進めるためにも、弁護士に相談することをおすすめします。示談では慰謝料などの賠償額だけではなく、解決するまでの期間も気になるところでしょう。示談交渉に必要な期間は、事故の種類によって異なります。

物損事故

交通事故で車や住宅などが損傷した場合の物損事故の場合、示談交渉にかかる期間は比較的短いです。修理費用の見積りなどの資料がそろい次第、示談交渉を始めることができます。また、弁護士が示談交渉を始めてから解決するまでの期間は、約1ヶ月となっています。

人身事故

人身事故は、治療が終わらないと損害額が確定しないため、示談交渉を始めるのが遅くなる傾向があります。治療に2年も3年もかかる場合は、事故が発生してから2~3年経たないと示談交渉を始めることができません。反対に、軽い傷害で治療が早期に終わった場合には、治療が終わり次第示談交渉を始めることができます。

また、弁護士が示談交渉を始めてから解決するまでの期間は、軽い傷害では約1ヶ月ですが、後遺症が残るほどの重い傷害では、賠償額も高くなり、相手方保険会社の決裁が通る時間もかかるため、半年以上かかることもあります。

死亡事故

死亡事故では遺族の心情も考え、一般的には四十九日の法要が終わってから示談交渉を始めます。死亡事故では、賠償額が数千万円単位となって高額になるため、解決するまでの期間が長くなる傾向があります。弁護士が示談交渉を始めてから解決するまでの期間は、早い場合は約1ヶ月ですが、半年以上かかることもあります。

示談交渉を急ぐ場合の問題点

示談交渉にかかる期間

早く解決したいからといって示談交渉を急ぐと、様々な問題が発生するので注意しましょう。

治療期間を短くすることで賠償額が減る

傷害事故の示談交渉は、治療を終了しないと始められないからといって、治療期間を短くすることは避けましょう。治療期間が短くなると、入院慰謝料や通院慰謝料が減るだけでなく、怪我が完治しない恐れもあります。

また、治療が終了しないと、後遺症が等級認定を受けることができないため、賠償額が大幅に減ってしまうので注意が必要です。

提示額が低すぎる

示談交渉が始まると、相手の保険会社から示談金が提示されます。しかし、初期の段階では比較的低い金額で示談金を提示することがほとんどなので、提示された金額が妥当な金額なのかどうかを、確認することが大切です。

適正な示談金を受け取るためにも、弁護士に相談することをおすすめします。また、一度示談交渉が解決すると、撤回することは難しいので、早めに弁護士に相談しましょう。

交通事故の慰謝料など弁護士に相談するなら福岡の小杉法律事務所へ

交通事故の傷害事故や死亡事故の示談交渉は、福岡の小杉法律事務所にご相談ください。保険会社の示談金の提示額は低すぎる場合がほとんどです。過去の裁判例と比較し、適正な慰謝料額や賠償額を得られるようサポートいたします。

福岡の法律事務所から日本一の法律事務所へ。泣き寝入りを強いられる人々の数を減らすため、日々精進してまいります。WEB会議・電話・LINEでご相談を受け付けておりますので、示談交渉でお悩みの方はぜひご連絡ください。

弁護士に示談の交渉を。福岡でお考えなら小杉法律事務所へ

事務所名 小杉法律事務所
代表弁護士 小杉晴洋(福岡県弁護士会所属)
住所 〒814-0001 福岡県福岡市早良区百道浜2丁目4−27 福岡AIビル2階
TEL 092-407-6817
フリーダイヤル 0120-351-241
MAIL info@personal-injury.jp
URL
営業時間 月-土 9:00-17:30
ホームページ制作 福岡